再婚に罪悪感を感じたら?前妻や元夫より自分や子供の幸せを

再婚の罪悪感

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

再婚をするとなった時に、色々と罪悪感を抱えてしまう人もいます。

 

確かに、再婚となると自分のことだけではなく、お互いの両親のこと、元夫や前妻など元パートナーのこと、子供がいるなら子供のことなど考えることが多いので、責任を感じることもあるでしょう。

 

とは言え、再婚は本来おめでたいことなので、そこまで罪悪感を感じる必要もないはずです。

 

それが分かっていても人によっては強い罪悪感を感じることがありますし、責任を感じて再婚できない人もいるかもしれません。

 

今回は、そんな再婚の罪悪感について原因や向き合い方を紹介していきます。

驚いた男

再婚って罪悪感を感じるものなの?

微妙な反応の女

本来は違うわよ

でもそう簡単に割り切れるものでもないのよ

悲しむ男

やっぱり辛いのかな?

微妙な反応の女

状況にもよるけど子供がいる場合は責任を感じる親も多いでしょ

 

人見知りや恋愛初心者なら●●するだけで出会える方法がある!

ショックを受けた男

人見知りの僕が出会いを求めるなんて無理な話なんだ…

微妙な反応の女

確かに知らない人に連絡先を聞いたりデートに誘うのってハードル高いよね…

泣く男

声をかけることすらできないよー

人見知りや恋愛経験がないことを理由に、恋愛や結婚を諦めていませんか?


人見知りや恋愛経験がない人でも、出会いを見つける方法はありますし恋愛や結婚も可能です。


ナンパに合コン、街コン、紹介など出会いの方法は様々ですが、人見知りや恋愛初心者だから出会えない、恋愛できないと思っている人は自分に合った方法を知らないだけかもしれませんよ。


 

再婚の罪悪感は誰に対してのもの?

罪悪感

 

よく再婚は罪悪感を感じると言いますが、その罪悪感は誰に対してのものなのでしょうか?

 

罪悪感と言っても、誰に対しての罪の意識なのかで意味合いは大きく変わってきます。もちろん、誰か1人に対してではなく、様々な相手が存在するのだと思います。

 

ここでは、再婚による罪悪感を感じやすい相手を紹介していきます。

 

よくある罪悪感を感じる相手
  • 自分の両親
  • 再婚相手
  • 再婚相手の両親
  • 自分の子供
  • 元パートナー
  • 元パートナーの家族

 

自分の両親

罪悪感を感じる相手として多いのは、やはり自分の両親です。

 

一度結婚して失敗したのに、もう一度結婚しようとしていることを両親に申し訳ないと感じてしまうのです。結婚となると、当然ながら両親同士の付き合いもあります。

 

もし再婚相手が初婚だったら、なおさら両親に辛い思いをさせていると感じるかもしれません。

 

再婚相手

何より、一番罪悪感を感じてしまうのは再婚相手に対してでしょう。

 

相手が初婚だったり、自分に連れ子がいたりすると、罪悪感は一層大きなものになるかもしれません。

 

再婚相手の両親

自分がバツイチだということで、再婚相手の両親に罪悪感を感じることもあるかもしれません。

 

特に、再婚相手が初婚の場合は強い罪悪感を感じるでしょうし、心ない言葉をかけられることもあるかもしれません。

 

自分の子供

自分に子供がいるなら、子供への罪悪感もあるでしょう。

 

子供の年齢によっても変わってきますが、本当の親じゃない人と暮らすのは辛いかもしれません。

 

元パートナー

自分が再婚するということで、元パートナーに罪悪感を感じることもあります。

 

元パートナーが再婚していない場合は、余計にそう感じてしまうかもしれません。

 

元パートナーの家族

再婚するにあたって、元パートナーの家族に罪悪感を感じることもあります。

 

それは元パートナーとの関係を壊してしまった罪悪感であり、元パートナー以外の人と幸せになることへの罪悪感でもあるでしょう。

泣く男

これは辛いなぁ…

微妙な反応の女

関係が深い人ほど罪悪感を感じてしまうのかもね

 

再婚に罪悪感を感じる原因は?

罪悪感を感じる原因は

 

再婚に罪悪感を感じる原因は人それぞれです。

 

場合によっては、同じ相手に対して様々な罪悪感を感じていることもあるでしょう。

 

よくある罪悪感の原因
  • 離婚の原因が自分にある
  • 子供にさみしい思いをさせている
  • 自分だけが幸せになっていいのか
  • 本当に相手が好きなのか

 

離婚の原因が自分にある

不倫や仕事ばかりで家庭をかえりみなかったことなど、離婚の原因が自分にある場合は再婚による罪悪感を感じやすくなります。

 

これは元パートナーに対してはもちろん、再婚相手や再婚相手の両親、自分の両親に対しても強い罪悪感を感じてしまうかもしれません。

 

子供に寂しい思いをさせている

年齢にもよりますが、子供は親の再婚に対して自分の感情を抑え込むこともあります。

 

子供はまだ小さくても意外と親に気を遣っているもので、本当は寂しいと感じていてもそんなそぶりを見せずに再婚を喜ぶことだってあるでしょう。

 

そんな子供の毅然とした態度に罪悪感を感じることもあるでしょうし、まだ物心がついていないような年齢なら将来を考えて罪悪感を感じることもあるでしょう。

 

自分だけが幸せになっていいのか

どちらに原因があるにしろ、元パートナーとは幸せになれなかったのに、自分だけが幸せになっていいのかと罪悪感を感じることがあります。

 

これは、元パートナーがまだ再婚していない時ほど感じてしまうかもしれません。

 

本当に相手が好きなのか

現実的に再婚を考えるなら、恋愛感情以外のことも考えなくてはなりません。

 

金銭的な理由はその代表的なもので、自分一人で子供を大学まで行かせると考えたら正直金銭的に厳しいはずです。

 

再婚して共働きをしたら、単純に二馬力になるので家計はかなり楽になるでしょうし、子供の学費も一緒に払ってくれるかもしれません。また、再婚相手の扶養に入るなど、社会保障が受けられることもあります。

 

このような恋愛感情以外の金銭的なメリットなどを考えていると、自分が相手のことを本当に好きで再婚するわけじゃないような気がしてきて、罪悪感を感じてしまうのです。

悲しむ男

どれも辛そうだな…

微妙な反応の女

再婚ともなると恋愛感情以外にも色々と考えないといけないのよ

 

罪悪感とはこう向き合おう!

子供への愛情

 

では、再婚の罪悪感とはどう向き合えばいいのでしょうか?

 

もちろん向き合い方はその人の状況や性格によって変わってくるとは思いますが、いくつか例を紹介しておきます。

 

罪悪感との向き合い方
  • 信頼できる人だけに相談
  • 結婚は恋愛ではないと割り切る
  • 再婚相手をとにかく大切にする
  • 誰かのためではなく自分のための再婚
  • 再婚相手を元パートナーと比較しない
  • 元パートナーとは関係を絶つ

 

信頼できる人だけに相談

いくらデリケートな悩みとは言え、再婚の悩みを自分1人で抱えていると、耐え切れずにパンクしてしまうことがあります。

 

あまり人に話したくない気持ちも分かりますが、信頼できる友人ぐらいには相談しても良いのではないでしょうか?

 

すでに結婚している人だと結婚に役立つ話が聞けるかもしれませんし、力にもなってくれるでしょう。

 

結婚は恋愛ではないと割り切る

再婚に限らず、結婚は必ずしも恋愛の延長線上にあるものではありません

 

極端に言えば、経済的に支えてもらうためというのも結婚の理由になり得るのです。もちろん、恋愛感情があるにこしたことはありませんが…。

 

自分と子供が今後生活していくための再婚と考えたら、再婚に踏み切れることもあるのではないでしょうか?

 

再婚相手をとにかく大切にする

元パートナーや両親への罪悪感を感じてしまうなら、とにかく再婚相手を大切にしましょう

 

元パートナーを幸せにできなかったなら、元パートナーの分まで再婚相手を幸せにして、自分も幸せになればいいのです。

 

誰かのためではなく自分のための再婚

再婚に伴い、色々な人たちに対して罪悪感を感じてしまうかもしれませんが、あくまで結婚はあなたと再婚相手とのことです。

 

両親のため、子供のためと他人のことを考える前に、まずは自分が幸せになることを考えましょう。

 

再婚相手を元パートナーと比較しない

再婚において絶対してはいけないのが、再婚相手と元パートナーを比較することです。

 

再婚相手の短所を見つけてしまうと、どうしても元パートナーの方が良かったと思ってしまうことがあります。しかし、これは短所を比較するからで、長所を見れば再婚相手の方が良い部分も多いはずです。

 

人間には長所と短所があり、好き嫌いもその人次第なので、再婚相手と他人を比較するのはやめましょう

 

元パートナーとは関係を絶つ

離婚したとは言え、元パートナーと定期的に連絡をとっている人もいるでしょう。子供がいれば子供の話もするでしょうし、いなくてもお互いに安否確認ぐらいはしているかもしれません。

 

ただし、再婚するとなると元パートナーとの繋がりは罪悪感を生む原因になりますし、再婚相手との関係悪化にもつながりかねません。

 

子供の養育費関係など必要最低限の連絡は別ですが、基本的には再婚するなら元パートナーとの関係は絶っておいた方が良いのではないでしょうか。

悲しむ男

色々な向き合い方があるんだね…

微妙な反応の女

罪悪感はそんな簡単に消えるものじゃないからね

 

人見知りや恋愛初心者は恋愛や結婚なんて無理なの…?

恋愛できない人見知り

悲しむ男

出会うためとはいえ自分から積極的に話しかけるのって難易度高いよね…

泣く女

確かに出会いどころか知らない人に話しかけるって行為自体がすでに苦痛かも…

怒った男

話しかけて口説いたり連絡先を聞くなんて僕には不可能です!

微妙な反応の女

私でも無理かも…

人見知りや恋愛経験のなさを理由に、恋愛や結婚を諦めていませんか?


確かに、人見知りや恋愛初心者の悩みは思っている以上に辛いもので、

  • いざ異性と向かいあったら何を話していいか分からない
  • がんばって話をしようと声をかけてみたのに声が小さすぎて聞き取ってもらえない
  • 話そうとすると緊張して声が震えて言葉にならない
  • 恋愛関係になったところで経験のない自分じゃ相手に満足してもらえない
  • 話がうまい人じゃないとモテるわけがない

など、僕も色々な理由から恋愛を避けたり諦めていました。


若いうちは漠然とした悩みなのですが、これがアラサーになるとどんどん深刻になっていくんですよね…。


親や親戚から結婚はまだかと言われるようになりますし、同級生が結婚していくと焦りを感じるようにもなります。


その結果、同じような状況だった人と結婚してみたものの、性格が合わずに結婚生活が全く楽しくないというケースもよくあります。


世の中には、紹介や合コン、街コン、ナンパなど様々な出会いの方法がありますが、どれも人見知りや恋愛初心者には厳しいんですよね。


実際、僕は紹介された人と直接会うまで話が進んだことなんてありませんし、合コンでうまく立ち回れたこともありません。そもそも僕の性格を知っている人は僕を合コンになんて誘ってきません。


もちろん、ナンパなんてもっての他です。


じゃあ結局出会う方法なんてないのではと思われるかもしれませんが、最近になって「これなら僕でも!」と思える方法を見つけることができました。



人見知りや恋愛初心者にこそおすすめの出会いの方法とは…?

人見知りや恋愛初心者におすすめの方法


この方法なら、いきなり自分から声をかけなくて済みますし、もちろん合コンやナンパに出向く必要もありません。


それどころか家から一歩も出ずとも気になる相手と知り合うことさえ出来てしまいます。


事前に相手の趣味や好みを把握することもできるので、会って幻滅するという紹介などでよくあるパターンも少ないはずです。


逆にこの方法を知らなければ、せっかく勇気を出して合コンや街コンに参加したのに一言も話せず終わったり、友達に紹介された人に会ったもののつまらないと言われてすぐに帰られるなど、悲惨な結果に終わりかねません。


まさに人見知りや恋愛初心者にこそぴったりだと言えるこの方法、こちらで詳しく紹介していますのでまだ試したことがない人は早速試してみて下さい。



着飾らない自然体の自分でも不思議と気が合うまさに運命の相手と呼べるようなパートナーが隣にいる生活、これこそまさに「幸せ」だと言えるのではないでしょうか。

 このエントリーをはてなブックマークに追加