サッカー女子と出会いたい!|日本代表の試合を一緒に見るには…?

サッカー女子と試合観戦

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

サッカー日本代表の快進撃を受け、試合のたびに寝不足になっている人は多いのではないでしょうか?

 

決勝リーグに駒を進めて名だたる強豪国の中に日本の名前が入ったことで、普段はサッカーを見ないような人でも「日本代表の試合を見たい!」と思う人が増えているはずです。

 

ですが、どうせ試合を見るなら家で一人でみるよりも女性と楽しく見れた方がいいですよね。

 

ただ、サッカーファンじゃなければ中々サッカー好きの女性と知り合う機会なんてないかもしれません。そんな日本代表戦を一緒に見る女性と出会いたい男性のために、今回はサッカー好きの女性と出会うための方法を紹介します。

笑顔の男

サッカー好きの女性を見つけて一緒にサッカーを見るんだ!

冷ややかな女

あなたルールほとんど知らないでしょ

(私サッカー観るの好きなんだけどなー)

 

人見知りや恋愛初心者なら●●するだけで出会える方法がある!

ショックを受けた男

人見知りの僕が出会いを求めるなんて無理な話なんだ…

微妙な反応の女

確かに知らない人に連絡先を聞いたりデートに誘うのってハードル高いよね…

泣く男

声をかけることすらできないよー

人見知りや恋愛経験がないことを理由に、恋愛や結婚を諦めていませんか?


人見知りや恋愛経験がない人でも、出会いを見つける方法はありますし恋愛や結婚も可能です。


ナンパに合コン、街コン、紹介など出会いの方法は様々ですが、人見知りや恋愛初心者だから出会えない、恋愛できないと思っている人は自分に合った方法を知らないだけかもしれませんよ。


 

サッカー女子と出会いたいならスポーツバーに行こう!

スポーツバー

 

スポーツバーは、その名の通りスポーツを応援することを目的としたバーです。

 

お酒を飲んだり、美味しい料理を食べながら放送されているスポーツを応援して楽しみます。最近はTVやニュースで中継されていたりするので有名ですよね。

 

スポーツバーはスポーツ好きが集まってくるので、スポーツ中継を見ながら多いに盛り上がります。例えば、サッカーなら点が入ったりすると、全く知らない人とでもハイタッチをして喜びを分かち合えたりします。

 

もちろん、スポーツ好き同士が集まるのでスポーツの話で意気投合して盛り上がることもありますし、自然と周りの人と仲良くなれるような雰囲気があります。特にサッカー日本代表の試合だとほぼ全員が日本を応援することになるので、意気投合しやすい状況のはずです。

 

スポーツバーは、だいたい2〜3人程度で行くことが多いので、男性友達2〜3人ぐらいで遊びに行けば、同じく2〜3人グループで来ていた女性陣と仲良くなることもよくあります。

 

うまくいけば、「今度〜の試合を見に行こう!」なんて約束もできるかもしれませんね。

 

普通の男

よし!スポーツバーに行ってみよう!

呆れる女

あなたそんな友達いたっけ?

(スポーツバーいいわね。お誘い来ないかしら?)

 

 

サッカー女子とは知り合いからの紹介で出会おう!

友達からの紹介

 

出会いの方法として、定番の方法と言えばやはり友達からの紹介ですよね。

 

友達からの紹介で仲良くなったりつき合うパターンは、今でもよく耳にします。

 

自分がサッカーとはほど遠い人生を送ってきているなら、サッカー部だった友達を当たってみるといいかもしれませんね。

 

サッカー部じゃなくても、サッカー好きでよくスポーツ観戦に出かけているような人が友達にいるなら、一緒に行きたいと申し出ることもできますよね。

 

笑顔の男

よし!サッカー部だった友達を片っ端から当たってみよう!

微妙な反応の女

だからあなたそんな友達いないでしょ

(目の前に丁度いいのがいますよー)

 

 

サッカー女子とはサッカーやフットサルの場で出会おう!

サッカー女子

 

サッカー観戦が好きな女子の中には、見るだけではなく自分がするのも好きだという人がいます。

 

サッカーやフットサルをしているような女子は、だいたいが家でサッカーの試合をよく見ていると考えることもできます。

 

こういった自分でもするサッカー女子と出会うなら、実際にサッカーやフットサルの場に出向く必要がありますよね。

 

もし友達がチームを作っていたり、職場でチームがあるなら参加してみるといいでしょう。

 

なければ、友達伝いで集めて自分たちでチームを作るのもいいかもしれません。ただ、男性ばかりのガチチームになると出会いなんてないので、女性も入れるようなチームにするといいでしょう。

 

同じチームで練習しながら、男性は男性の試合に、女性は女性の試合に出ることもできますし、男女ミックスの試合もあったりするので、試合に出てみるのも良いでしょう。一緒にプレーしたり、お互いに応援し合うと仲が縮まっていくはずですよ。

 

ショックを受けた男

サッカーかフットサル、どっちをやるべきか…

冷ややかな女

そもそもあなた運動音痴じゃなかったっけ?

(サッカーするのもいいなー、てか誘ってこないなこいつ)

 

 

サッカー女子とのパイプがないならマッチングアプリを使おう!

マッチングアプリを使う

泣く男

イチミさん、サッカー女子と出会える方法がありません!!

普通の女

そんなことだろうと思って、あなたでもできそうな方法を見つけておいたわよ

 

もし、どうしてもサッカー女子とのパイプがないという方は、マッチングアプリを使うという方法もあります。

 

最近のマッチングアプリには、趣味や目的で検索できるような機能があります。

 

例えば、ペアーズならコミュニティ機能が便利です。ペアーズのコミュニティには、サッカー関連のものがいくつもあり、「W杯で盛り上がってる!」などまさにサッカー日本代表関連のコミュニティもあります。

 

他のマッチングアプリでも、趣味をサッカーなどで絞り込めばサッカー女子との接点になると思うので、どうしても相手がいないと困っている人は活用してみてはいかがでしょうか?

 

 

驚いた男

これなら僕でもできるかもしれない!

冷ややかな女

それは良かった

(私を誘ってくれてもいいんだけど)

笑顔の男

ありがとうイチミ!

試合までにサッカー女子を見つけてみせるよ!!

怒った女

まずは私を誘えよ!!

 

人見知りや恋愛初心者は恋愛や結婚なんて無理なの…?

恋愛できない人見知り

悲しむ男

出会うためとはいえ自分から積極的に話しかけるのって難易度高いよね…

泣く女

確かに出会いどころか知らない人に話しかけるって行為自体がすでに苦痛かも…

怒った男

話しかけて口説いたり連絡先を聞くなんて僕には不可能です!

微妙な反応の女

私でも無理かも…

人見知りや恋愛経験のなさを理由に、恋愛や結婚を諦めていませんか?


確かに、人見知りや恋愛初心者の悩みは思っている以上に辛いもので、

  • いざ異性と向かいあったら何を話していいか分からない
  • がんばって話をしようと声をかけてみたのに声が小さすぎて聞き取ってもらえない
  • 話そうとすると緊張して声が震えて言葉にならない
  • 恋愛関係になったところで経験のない自分じゃ相手に満足してもらえない
  • 話がうまい人じゃないとモテるわけがない

など、僕も色々な理由から恋愛を避けたり諦めていました。


若いうちは漠然とした悩みなのですが、これがアラサーになるとどんどん深刻になっていくんですよね…。


親や親戚から結婚はまだかと言われるようになりますし、同級生が結婚していくと焦りを感じるようにもなります。


その結果、同じような状況だった人と結婚してみたものの、性格が合わずに結婚生活が全く楽しくないというケースもよくあります。


世の中には、紹介や合コン、街コン、ナンパなど様々な出会いの方法がありますが、どれも人見知りや恋愛初心者には厳しいんですよね。


実際、僕は紹介された人と直接会うまで話が進んだことなんてありませんし、合コンでうまく立ち回れたこともありません。そもそも僕の性格を知っている人は僕を合コンになんて誘ってきません。


もちろん、ナンパなんてもっての他です。


じゃあ結局出会う方法なんてないのではと思われるかもしれませんが、最近になって「これなら僕でも!」と思える方法を見つけることができました。



人見知りや恋愛初心者にこそおすすめの出会いの方法とは…?

人見知りや恋愛初心者におすすめの方法


この方法なら、いきなり自分から声をかけなくて済みますし、もちろん合コンやナンパに出向く必要もありません。


それどころか家から一歩も出ずとも気になる相手と知り合うことさえ出来てしまいます。


事前に相手の趣味や好みを把握することもできるので、会って幻滅するという紹介などでよくあるパターンも少ないはずです。


逆にこの方法を知らなければ、せっかく勇気を出して合コンや街コンに参加したのに一言も話せず終わったり、友達に紹介された人に会ったもののつまらないと言われてすぐに帰られるなど、悲惨な結果に終わりかねません。


まさに人見知りや恋愛初心者にこそぴったりだと言えるこの方法、こちらで詳しく紹介していますのでまだ試したことがない人は早速試してみて下さい。



着飾らない自然体の自分でも不思議と気が合うまさに運命の相手と呼べるようなパートナーが隣にいる生活、これこそまさに「幸せ」だと言えるのではないでしょうか。

 このエントリーをはてなブックマークに追加