withのアプリは緑もある?婚活や恋活ならマッチングアプリを…

緑のwithとは

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

マッチングアプリのwithと言えば、メンタリストのDaiGoさん監修のアプリとしても有名です。

 

そんなマッチングアプリのwithですが、中には間違えてしまう人もいるようです。

 

どんなアプリであれ類似のアプリはあるもので、間違えて違うアプリを使っていたなんてことはよくあります。

 

withというアプリには緑色のものがあるようで、今回はその緑のアプリwithについて紹介します。

 

婚活や恋活が目的のマッチングアプリとなると分かりそうですが、それほどややこしいのでしょうか?

驚いた男

緑色のwithがあるの?

微妙な反応の女

そうなのよ

悲しむ男

同じ名前とは言え間違えるものなの?

微妙な反応の女

ちゃんと見れば間違えないはずだけど…

 

人見知りや恋愛初心者なら●●するだけで出会える方法がある!

ショックを受けた男

人見知りの僕が出会いを求めるなんて無理な話なんだ…

微妙な反応の女

確かに知らない人に連絡先を聞いたりデートに誘うのってハードル高いよね…

泣く男

声をかけることすらできないよー

人見知りや恋愛経験がないことを理由に、恋愛や結婚を諦めていませんか?


人見知りや恋愛経験がない人でも、出会いを見つける方法はありますし恋愛や結婚も可能です。


ナンパに合コン、街コン、紹介など出会いの方法は様々ですが、人見知りや恋愛初心者だから出会えない、恋愛できないと思っている人は自分に合った方法を知らないだけかもしれませんよ。


 

緑色の【with】のアプリもある!

緑のwith

 

メンタリストのDaiGoさん監修で話題となっているマッチングアプリwithですが、このアプリとは違う緑色のwithも存在します。

 

緑色のwithというのが、「出会い&友達探しはWITH」というアプリです。

 

もちろんこちらもれっきとしたアプリの1つなのですが、メンタリストのDaiGoさんが監修したマッチングアプリのwithとは別物です。

 

ただし、緑色のWITHも出会いをうたったアプリなので、知らない人は間違えることもあるかもしれません。

 

見分けるポイントとしては、DaiGoさんのwithは小文字で赤色のアプリ、もう1つのWITHは大文字で緑色のアプリです。

 

ちなみに、緑色のWITHは出会いが目的のようですが異性紹介事業ではないようなので、婚活や恋活が目的で異性と出会い人はDaiGoさん監修のマッチングアプリwithを使いましょう。

驚いた男

緑色のWITHも出会い系のアプリなんだ!?

微妙な反応の女

異性紹介事業じゃないらしいから厳密に言うと違うんだけどね…

ちゃんとした出会いを求めるならDaiGoさんのwithを選ぶといいわよ

 

withは上場企業が運営!

上場企業

 

赤色のwithの運営会社は、株式会社イグニスと株式会社アイビーです。

 

株式会社イグニスは、東京証券取引所マザーズ市場の上場企業で、withの他にも「ぼくとドラゴン」などのアプリをリリースしています。

 

ちなみに株式会社アイビーはイグニスのグループ会社です。

 

一方、緑色のWITHの運営会社である株式会社アップリンクについてはよくわからず、会社の知名度には大きな差があります。

笑顔の男

上場企業だったら安心だね

笑顔の女

他にも色々アプリを出しているから実績もあるしね

 

withはインターネット異性紹介事業

インターネット異性紹介事業

 

ネット上で異性との出会いを目的とする場合、インターネット異性紹介事業の届出を出さなければなりません。

 

withをはじめ、マッチングアプリはこのインターネット異性紹介事業の届出を出して運営しています。

 

一方、緑色のWITHは出会い友達探しとうたってはいますが、インターネット異性紹介事業の届出を出していません

 

つまり、出会いを目的に利用してはならないアプリということになります。

普通の女

インターネットで出会いを探すなら異性紹介事業を選びましょう

 

対象年齢に大きな差が…

対象年齢の差

 

withはインターネット異性紹介事業なので、当然ながら高校生を除く18歳以上が対象になっています。

 

一方、緑色のWITHの対象年齢は17歳以上となっており、これだと高校生でも利用できることになってしまいます。

 

前提として、出会い系じゃないならいいのかもしれませんが、もちろん危険な香りがしますよね。

 

出会い系アプリを通じて未成年と出会ってしまい、問題になっている著名人も多いので、疑わしきは利用しないに限るでしょう。

悲しむ男

こんなところにも差が…

 

withの料金体系を比較!

料金

with

マッチングアプリのwithは、月額料金を支払って有料会員になるとメッセージができるようになります。

 

マッチングアプリwithの料金表がこちら

with料金表

 

最近だと、期間内に3ヶ月・6ヶ月・12ヶ月プランに登録すると半額になるというキャンペーンも行っていたので、うまくタイミングを合わせることができればかなりお得に利用できるはずです。

 

WITH

緑色のWITHは、ポイントを購入するようになっているようです。

 

料金表がこちら

緑のwithの料金

 

ポイントの仕組みまでは分かりませんでしたが、月額性のwithと比べると高額になる可能性を秘めていると考えられます。

驚いた男

同じwithでも全然違うんだね

微妙な反応の女

知らずに使っていたらと思うと怖くなるわね…

 

婚活や恋活ならWITHよりwithを!

withがおすすめ

 

真剣に恋活や婚活としてマッチングアプリを使いたいなら、緑色のWITHではなく赤色のwithを使いましょう。

 

内容を比較してもそうですが、そもそも緑色のWITHは異性との出会いを求めてはならないアプリなので、言う通りに婚活や恋活が目的のサービスであるマッチングアプリのwithを使いましょう。

 

withはメンタリストのDaiGoさんが監修した性格診断に基づき、自分に合う相手を探すことができる性格重視のマッチングアプリです。

 

年齢層としては20歳前半〜後半の若い世代が多いので、同世代の方は試しに無料会員で利用してみてはいかがでしょうか?

笑顔の男

よし、withを使おう!

普通の女

DaiGoさんの性格診断はアプリ版じゃないと使えないから注意しましょう

 

人見知りや恋愛初心者は恋愛や結婚なんて無理なの…?

恋愛できない人見知り

悲しむ男

出会うためとはいえ自分から積極的に話しかけるのって難易度高いよね…

泣く女

確かに出会いどころか知らない人に話しかけるって行為自体がすでに苦痛かも…

怒った男

話しかけて口説いたり連絡先を聞くなんて僕には不可能です!

微妙な反応の女

私でも無理かも…

人見知りや恋愛経験のなさを理由に、恋愛や結婚を諦めていませんか?


確かに、人見知りや恋愛初心者の悩みは思っている以上に辛いもので、

  • いざ異性と向かいあったら何を話していいか分からない
  • がんばって話をしようと声をかけてみたのに声が小さすぎて聞き取ってもらえない
  • 話そうとすると緊張して声が震えて言葉にならない
  • 恋愛関係になったところで経験のない自分じゃ相手に満足してもらえない
  • 話がうまい人じゃないとモテるわけがない

など、僕も色々な理由から恋愛を避けたり諦めていました。


若いうちは漠然とした悩みなのですが、これがアラサーになるとどんどん深刻になっていくんですよね…。


親や親戚から結婚はまだかと言われるようになりますし、同級生が結婚していくと焦りを感じるようにもなります。


その結果、同じような状況だった人と結婚してみたものの、性格が合わずに結婚生活が全く楽しくないというケースもよくあります。


世の中には、紹介や合コン、街コン、ナンパなど様々な出会いの方法がありますが、どれも人見知りや恋愛初心者には厳しいんですよね。


実際、僕は紹介された人と直接会うまで話が進んだことなんてありませんし、合コンでうまく立ち回れたこともありません。そもそも僕の性格を知っている人は僕を合コンになんて誘ってきません。


もちろん、ナンパなんてもっての他です。


じゃあ結局出会う方法なんてないのではと思われるかもしれませんが、最近になって「これなら僕でも!」と思える方法を見つけることができました。



人見知りや恋愛初心者にこそおすすめの出会いの方法とは…?

人見知りや恋愛初心者におすすめの方法


この方法なら、いきなり自分から声をかけなくて済みますし、もちろん合コンやナンパに出向く必要もありません。


それどころか家から一歩も出ずとも気になる相手と知り合うことさえ出来てしまいます。


事前に相手の趣味や好みを把握することもできるので、会って幻滅するという紹介などでよくあるパターンも少ないはずです。


逆にこの方法を知らなければ、せっかく勇気を出して合コンや街コンに参加したのに一言も話せず終わったり、友達に紹介された人に会ったもののつまらないと言われてすぐに帰られるなど、悲惨な結果に終わりかねません。


まさに人見知りや恋愛初心者にこそぴったりだと言えるこの方法、こちらで詳しく紹介していますのでまだ試したことがない人は早速試してみて下さい。



着飾らない自然体の自分でも不思議と気が合うまさに運命の相手と呼べるようなパートナーが隣にいる生活、これこそまさに「幸せ」だと言えるのではないでしょうか。

 このエントリーをはてなブックマークに追加